イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

派遣の種類はどんなものがあるの?

様々な派遣の形態を知ろう

世の中には沢山の派遣があります。
コールセンターや医療事務、アパレルショップの接客業など様々です。 派遣の働き方は大きく分けて3つのものに分けられます。
一般派遣、紹介予定派遣、特定派遣の3種類があります。
それぞれの働き方には良い所もあれば、悪い所もあります。
そのような良い所やそうでない所だけでなく、それぞれの職務経験、資格やスキルなどのこともしっかり考慮して、それぞれに合った勤務形態を決めることが大切です。

では、3種類の派遣の形態について説明します。
まず、一般派遣について。
一般的に派遣社員と称される事が多いのはこの形態です。
人材派遣会社に登録をした後、契約期間中は勤務先となる企業に派遣されて働く働き方です。 就労期間は更新されることも珍しくなく、本人の意向があれば派遣先で続けて勤務することができることもあります。 さらに、契約期間満了まで働いた場合は退職もできます。
一般派遣の場合は経験が無い仕事内容でも紹介してもらえたりするため、挑戦したい職場や初めての業界で働く事が可能で、スキルを積めるというかなり魅力的なポイントがあるのです。
派遣先の会社から、正社員として雇用を提案されることも珍しいことではないようです。 企業の受付やアパレルショップなどの接客業が挙げられます。

次に紹介するのは、紹介予定派遣です。
紹介予定派遣というのは、派遣先企業で働いて、契約期間終了後、派遣先の会社で正社員として働くことができるという形態です。
いずれは正社員として働きたいと考える方にぴったりの派遣です。
これまでに経験のない仕事内容でも派遣先を紹介してもらえる場合があります。 ところが、こういった紹介予定派遣である場合、資格や技術、職務経験があったほうが資格や経験を活用できる派遣先企業を紹介してもらいやすいと言えるでしょう。

最後は特定派遣という形態です。
派遣元の会社に直接正社員や契約社員として雇用され、そこから別の企業に派遣されて派遣先の企業で就労するという形態です。
特定の技術や資格、実務経験のある人に向いています。
技術を活かすことができる就業先や職種で働くことが可能ですし、派遣元の正社員あるいは契約社員として働けるため安定している形態だという点が特長です。 これは医療事務などが多い様です。

ここまでご紹介したとおり派遣社員としての働き方は3つの雇用形態に分かれていますが、基本的には給与について言えばボーナスを除いて考えれば社員とあまり変わらないものとなっており、 勤務条件によって社会保険にも加入ができますので、あまり心配せずにお仕事ができます。